収れん化粧水│化粧水比較ナビ

収れん化粧水ランキング

収れん化粧水って聞いたことありますか?保湿化粧水ほど使っている人は多くはないかもしれません。簡単に説明すると、皮脂のコントロールをし、肌を引き締めてくれる化粧水のこと。肌状態、肌質によってはオススメのアイテムなんです。ここではその“収れん化粧水”をピックアップしていきたいと思います。

資生堂 カーマインローション(N)

資生堂 カーマインローション(N)
ブランド名資生堂
価格【260ml】378円(税込)

1975年に発売されて以来、長い間愛され続けている商品です。40代以上の人は目にしたことがあるという人も多いかもしれません。収れん化粧水の代表商品といってもいいのではないでしょうか。

エリクシール ホワイト トーニングローション (医薬部外品)

エリクシール ホワイト トーニングローション (医薬部外品)
ブランド名 エリクシール
価格【165ml】4,320円(税込)

シミやそばかすを防ぎながら毛穴を引き締めてくれるという薬用美白収れん化粧水。べたつきのないサラサラ肌に。皮脂によるメイク崩れやテカリが気になるという人に良さそうです。

インフィニティ アストリンゼント N

インフィニティ アストリンゼント N
ブランド名インフィニティ
価格【160ml】5,400円(税込)

コーセー・インフィニティの収れん化粧水。皮脂の分泌を抑制し、メイクもちを良くしてくれるだけじゃなく、潤いを閉じ込めハリのある肌を1日中キープしてくれるというのもいいですね。

ドルックス オードルックス(アストリンゼントマイルド)N

ドルックス オードルックス(アストリンゼントマイルド)N
ブランド名ドルックス
価格【150ml】648円(税込)

1932年に誕生したブランド「ドルックス」の収れん化粧水。レトロな容器が可愛いですよね☆水分を補って肌を引き締め、キメを整えてくれるそうです。

コスメデコルテ フィトチューン トーニング ローション

コスメデコルテ フィトチューン トーニング ローション
ブランド名コスメデコルテ
価格【200ml】5,184円(税込)

コスメデコルテ・フィトチューンの収れん化粧水。配合された植物成分が気になる毛穴を引き締め、べたつきやテカリを抑えてくれます。

総評

収れん化粧水をピックアップしてみました。中でも古くから多くの人に愛用されている資生堂のカーマインローションなどはロングセラーの安心感もある上に、びっくりするほどのプチプラ価格ですから、ちょっと使ってみたいなと思った時にもお試ししやすいと思います。

収れん化粧水って何?!

保湿化粧水などとは違って、一度も使ったことがないという人も多いかもしれません。一般的な化粧水は保湿成分で肌を潤し、柔らかくしてくれるものですが、収れん化粧水というのは皮脂をコントロールし、肌を引き締めてくれる化粧水です。

どんな肌状態、どんな肌悩みにいい?

皮脂でテカりやすい人。過剰な皮脂で化粧崩れが気になる人。皮脂による毛穴の開きが気になる人。日焼けをした肌、熱を持った肌を落ち着かせる場合などに使用することが多いようです。清涼感があるものは主に夏場に使っているという人もいますが、毛穴の開きを気にして年中使っているという人もいます。

ただ乾燥肌の人は注意が必要です。収れん化粧水には刺激が強めの成分が配合されていることもあり、乾燥がすすんでしまったり、肌によっては刺激を感じる場合も。一般的な化粧水よりもっと慎重に選んだ方がよさそうです。

収れん化粧水に配合されている代表的な成分は?

例えば保湿化粧水にはヒアルロン酸やセラミドなどの潤い成分がいくつも配合されていますが、収れん化粧水に配合されている特徴的な成分には何があるのでしょうか?

エタノール

エタノールは今回ピックアップしたすべてのアイテムに配合されています。防腐剤としての役割もありますが、殺菌作用や毛穴を引き締めてくれる効果もあるため、収れん化粧水にはよく配合されているようです。エタノールが揮発し熱を奪うことによる温度変化で清涼感を感じるんですね。

クエン酸

収れん化粧水は毛穴を引き締める効果があると言いますが、毛穴を引き締める役割を果たしている一つの成分がクエン酸です。クエン酸はタンパク質を固体にし収縮させ、毛穴を引き締めてくれると言われています。

その他

ほかにも清涼感がある成分としては、l-メントール、ベントナイト、収れん作用があるとされているものにハマメリスエキス、シソ葉エキス、フェノールスルホン酸Naなどがあります。

使う順番が重要!

通常、化粧水は洗顔後すぐに使うものがほとんどですが、収れん化粧水の場合は、洗顔後すぐに使用するもの、化粧水、乳液で肌を整えたあとに使用するものと様々です。商品によって使用する順番が異なりますので、よく確認して使用する必要があります。

ページのトップへ