ヒフミド エッセンスローション│化粧水ランキング!

ヒフミド エッセンスローション

ヒフミド エッセンスローション
ブランド名 ヒフミド
価格 【120ml】3,000円(税抜)
【180ml】4,300円(税抜)

ヒフミド エッセンスローションの一番の特徴はセラミドです。乾燥した肌にもぴったりの成分ですよね。どうしても年齢を重ねていくとセラミドの作られる量も減ってきてしまいますし…。

しかもヒフミドには「ヒト型セラミド」が配合されてるんです。ヒト型セラミドは、人間の肌にあるセラミドと同じ構造をしているので、肌なじみも良く、合成セラミドなどと比べると水分をキープする力も3倍ほどあるんだとか。

美しい肌を作るには、“水分をキープする力”というのはすごく大事ですからね。この力が弱いと、長時間潤いを保つのは不可能。水分を保つ力が弱いと、バリア機能も低下してしまいます。バリア機能が低下すると、外からの刺激も受けやすい肌になってしまいます。

ヒフミドに配合されているのは、セラミド1、セラミド2、セラミド3です。1種類じゃないというのも心強い!

化粧水だけじゃなく、乳液やクリームなどからもヒフミドを補うのがより効果的なんじゃないかと思います。ヒフミドにも、セラミドが配合された乳液、クリームがありますので、そういうものと組み合わせて使うことで、より保水力や水分量をUPさせることが出来そうです。

レビュー

想像していたよりさらっとしててびっくりしました。手に取った感じでは、乾燥している肌にはさっぱりしすぎかな~と思ったんですが、肌に馴染ませてびっくり!手が吸い付くくらい、もっちもちになりました。テクスチャから想像した感じと実際使った時の印象が全然違う!

低刺激ということもあって、肌が荒れている時に使っても刺激は全くなく、肌荒れしやすい私には使いやすいなと思いました。合わないものは、赤みが出て痒くなったりしますが、これは全くそういうこともなく、気持ちよく使えました。

肌の調子が安定してきましたし、朝起きてすぐの不快なガサガサ感もなくなって、ツルツルのまま。これが何気に嬉しかったです。使えば使うほど、肌が柔らかくなってきているような気がします。

いろんな肌タイプの人が使えて、年齢も選ばない商品だと思います。

全成分

ヒフミド エッセンスローション 成分表

【参照】小林製薬公式サイト

「セラミド1」「セラミド2」「セラミド3」がポイントです。保湿力の高いこれらがバリア機能を助け、柔らかい肌へと導いてくれるようです。

「カンゾウ葉エキス」には、消炎作用があります。

「ナットウガム」というのは、大豆を発酵させて抽出した成分。これがあるとべたつかず保湿できるのだそうです。確かに、ヒフミドの化粧水は、べたつきは全くないのに保湿は出来ました。これが配合されているからっていうのもあるのかな?

ページのトップへ