ミスト化粧水ランキング│化粧水比較ナビ

ミスト化粧水ランキング

ミスト化粧水というのは、スプレータイプになっていて霧状で出てくる化粧水のことです。顔から離して直接吹きかけたあと、手で馴染ませます。
様々な使い方が出来ることから人気もあり、たくさんのミスト化粧水が出ていますが、その中でも、特に人気があるものを見ていきたいと思います。

LA ROCHE-POSAY(ラ ロッシュ ポゼ) ターマルウォーター

LA ROCHE-POSAY(ラ ロッシュ ポゼ) ターマルウォーター
ブランド名ラ ロッシュ ポゼ
価格【50g】1,080円(税込)
【150g】2,376円(税込)
【300g】3,564円(税込)

敏感肌ブランド・ラ ロッシュ ポゼのミスト化粧水。フランスのラ ロッシュ ポゼ村の湧水がバリア機能を助けてくれます。顔だけじゃなく全身に使えて、大人はもちろん、赤ちゃんの肌にも使える優しいミスト化粧水。様々な使い道があるので1本あると助かります。

SK-II ミッド-デイ ミラクル エッセンス

SK-II ミッド-デイ ミラクル エッセンス
ブランド名 SK-II
価格【50ml】7,344円(税込)

独自成分「モイスチャー ロックコンプレックス」が配合されたミスト化粧水。非常に細かい霧状のため、メイクの上からでも肌に浸透し、メーク崩れを防いでくれるということから人気のアイテムです。日中これを使うことで、キレイな状態を長時間キープできるんです。

イプサ ザタイムリセット マイクロミスト

イプサ ザタイムリセット マイクロミスト
ブランド名イプサ
価格【50ml】2,376円(税込)
【120ml】20,000円

保湿成分のアクアプレゼンターIIが、潤いがあってべたつかない肌をキープしてくれます。余分な皮脂や汗なども抑えてくれるので、メイク崩れも少なくなりますし、乾燥したオフィスなどでのメイク直しにも重宝します。

アベンヌ アベンヌ ウオーター

アベンヌ アベンヌ ウオーター
ブランド名アベンヌ
価格【50g】700円(税抜)
【150g】1,500円(税抜)
【300g】2,200円(税抜)

南フランス・アベンヌ村の温泉水を100%詰めたミスト化粧水。防腐剤フリー、無香料で成分の効果がそのまま発揮され、肌にも優しいので敏感な肌にも赤ちゃんの肌にも安心して使えます。肌質を問わないので家族みんなで使用できます。

d プログラム デーリペアミスト

d プログラム デーリペアミスト
ブランド名d プログラム
価格【80ml】2,052円(税込)

乾燥や毛穴の目立ち、べたつきなどを防いでくれるミスト化粧水。携帯出来る大きさなので、メーク直しにも使えます。敏感肌ブランド・d プログラムは低刺激なので、肌が弱い方でも使えますよ☆

総評

使ってみたことがあるもの、気になるものはありましたか?

様々なブランドから出ているのでお値段もピンキリです。中には主にメイク直しに使われるものなどもありますね。ミスト状で出てくるので普通の化粧水より簡単にメイク直し出来ますし、小さ目サイズのものであれば持ち運ぶ時にも便利です。

どのような用途で使いたいか、ということで選ぶ基準も変わってきますので、ご自分の使い道に合ったものを選んでみてください。

ミスト化粧水 使い方

ミスト化粧水は様々な使い方が出来るので、持っていると重宝します。商品によっては顔だけじゃなく体の保湿にも使えるものもあるのでとても便利。そんなミスト化粧水ですが、どんな時に使われているのか見ていきたいと思います。

プレ化粧水として使う

化粧水をつける前に使います。ブースターとも言いますね。化粧水の浸透や効果を高めると言われています。肌がごわごわしていて、化粧水が浸透していかないという時も、プレ化粧水を取り入れることで浸透するようになることもあります。
お風呂上りのように、すぐに化粧水をつけなくてはいけない場合でも、とりあえずミスト化粧水をシュッとひと吹きしておけば、慌てずケア出来るので便利です。

    

乾燥を感じた時

夏でも冬でも、エアコンなどが効いたオフィスなどは特に乾燥しますよね。朝しっかりお肌を潤したつもりでも、昼過ぎくらいになってくると、なんとなく肌がゴワゴワしたり、パサついてきたり…。ミスト化粧水は、メイクの上から使えるものもたくさんあるので、休憩中に乾燥が気になる部分にシュッとひと吹きすると潤いが戻ってきます。

メイク直しに

汗や皮脂などでメイクが崩れてしまったという時もミスト化粧水があると便利です。崩れが気になる部分の余分な汗や皮脂を軽くおさえてひと吹きしてファンデーション、もしくはフェイスパウダーでお直しします。ミスト化粧水だけシュッと吹きかけて水分を与えただけでは、その後乾燥してくる場合もあるのでその後の保湿も大切です。

特に乾燥肌の人は再びメイクが崩れてしまわないように、べたつきのない乳液やクリームを少量塗り込んでからファンデーションを使ったほうがいいですね。ちなみに、特に乾燥肌ではないという人も、ターマルウォーターやアベンヌウォーターのような、成分が湧水や温泉水だけというものを使う場合は、ちゃんと乳液やクリームをつけたほうがいいでしょう。

    

日焼けあとに使う

ランキングにも入っている、ターマルウォーターやアベンヌウォーターのように湧水や温泉水のミスト化粧水は、日焼けでヒリヒリした肌に使うととても気持ちがいいです。ダメージを受けた肌を落ち着かせてくれます。

    

全身の保湿

吹きかけるだけでいいので、体に使うにもとても便利です。私はお風呂上り必ず全身に化粧水+クリームをつけるんですが、通常の化粧水を手に出して腕や足に塗り込んでいくのは結構大変なので、スプレータイプでのお手入れの方が好きです。特に夏場は、スプレーすると冷たくて気持ちがいいので、汗が早くひきますよ。

メリット・デメリット

個人的にはメリットと感じることの方が多いのですが、どうやらデメリットもあるようです。ミスト化粧水にはどんなメリットやデメリットがあるのでしょうか。

メリット

スプレータイプで直接顔に吹きかけることが出来るので、普通の化粧水よりも手軽に使えるということ。特に体に使う場合は、広範囲に吹きかけられるので、手で塗るよりもはるかに短い時間でケア出来ます。

ミスト化粧水の使い方で説明したように、様々な使い方が出来るというメリットもあります。持ち運べるくらいの大きさのミスト化粧水ならば、出先で乾燥したなと感じた時、すぐに肌を潤すことが出来ますし、汗などでメイクが崩れてきた時も、汚いまま放置することなくメイクをリセットすることが出来ますからね。

デメリット

乾燥肌の人がメイクの上からミスト化粧水を吹きかけただけでファンデーションを塗ると、余計乾燥するということが考えられます。通常のお手入れでも化粧水をつけたあとに蓋をする乳液やクリームを使いますよね。それは潤いを閉じ込めるために必要なことです。ミスト化粧水の種類にもよりますが、さっぱりしたタイプのものや保湿効果があまりないミスト化粧水だけを使うのはよくないですね。その後の保湿もしっかり行えばデメリットも解消されるでしょう。

ページのトップへ