ドラッグストア 化粧水ランキング│化粧水比較ナビ

ドラッグストア 化粧水ランキング

今ではドラッグストアでもたくさんの化粧水が売られています。あるアンケート調査の結果によると、半数近くの人がドラッグストアで購入すると答えています。
買い物ついでに手に取れますし、いろんなブランドの化粧水が置いてありますから、お気に入りを見つけるにも便利かもしれませんね。
大手有名メーカーのものから、口コミで広がっていったような人気商品まで様々なものがありますが、今回はその中でも特に人気のあるものをご紹介したいと思います。

ナチュリエ ハトムギ化粧水

イヴ・サンローラン・ボーテ フォーエバー リブレイター エッセンス ローション
ブランド名ナチュリエ
価格【500ml】702円

大手口コミサイトでもネットでも話題の化粧水。安価でありながら、肌荒れやニキビへの効果も実感できるという点、そして大容量ということが人気の一因のようです。容量が大きいので、ローションパックにも惜しみなく使えます。

アクアレーベル ホワイトアップローション

エリクシール シュペリエル リフトモイスト ローション
ブランド名 アクアレーベル(資生堂)
価格【200ml】1,400円(税抜)

資生堂の中でもリーズナブルな価格なので、幅広い年代の人から支持されています。この青の容器は美白シリーズ。美白有効成分だけじゃなく、ヒアルロン酸も配合されているので、保湿効果もバッチリ!安くても質が良いのが人気の秘密かもしれません。

素肌しずく ぷるっとしずく化粧水

B.A ローション
ブランド名素肌しずく
価格【200ml】980円(税抜)

動物性(豚由来)のプラセンタとマリンプラセンタが配合された化粧水。ほかにもヒアルロン酸、コラーゲンなど多くの美容成分が配合されています。化粧水としてだけじゃなく、美容液の効果もある1本です。

肌ラボ 極潤 ヒアルロン液

肌ラボ 極潤 ヒアルロン液
ブランド名肌ラボ
価格【170ml】オープン価格

3種類のヒアルロン酸を配合した化粧水。肌が求める潤いを追求して作られたもの。「必要なものだけ」ということにこだわって、シンプルな成分、シンプルなパッケージになっています。無香料、無着色、オイル・アルコールフリーと、低刺激に作られています。

ちふれ 化粧水 しっとりタイプ

SK-Ⅱ フェイシャル トリートメント エッセンス
ブランド名ちふれ
価格【180ml】550円(税抜)

ロングセラー商品の化粧水。プチプラで質が良いということから、今では若い子からも大人気。ヒアルロン酸も配合されており、潤いある肌にしてくれます。無香料、無着色で、肌にも優しく、季節を問わず使える化粧水です。

総評

ドラッグストアに売ってあるものの中から、特に人気があるものをご紹介しました。やはりお手頃価格のものが人気のようです。お値段が高いものも良いですが、最近は、安くても品質的に優れたものってたくさんありますからね。

ドラッグストアで化粧水を買う

20年ほど前だったら、百貨店やデパートに入っているブランド直営店で購入するという人が多かったかもしれませんが、今はいろんなところで手に入れることが出来るので、昔に比べるとデパートや直営店で購入するという人は少なくなっているようです。
インターネットの通販でもほとんどのものが購入できますし、ディスカウントショップやバラエティショップ、最近ではコンビニでも購入することが出来るようになりました。
その中でも、ドラッグストアで購入するという人が一番多いのです。なぜドラッグストアで購入する人が多いのでしょうか?

ドラッグストアで購入する理由

わざわざデパートなどに買いに行かなくても、洗剤など日用品を購入する際に一緒に購入できるという手軽さが一番の理由のようです。

子育てや仕事と家庭の両立で忙しいお母さん方は、化粧品だけを買うためにブランド直営店へ行ってゆっくり選ぶ時間もないという人も多いでしょうから、近所のドラッグストアで購入できるのは大変便利なのだと思います。

ドラッグストアで購入する人が求めていること

スキンケアを含めた化粧品代に惜しみなくお金をかけるという人もいるでしょうが、1か月のうち、化粧品に使う上限を決めている人の方が圧倒的に多いですよね。気に入っているブランドじゃないとダメだという人もいれば、特にこだわりはなく、いろんなものを使ってみたいという人もいますし、かける金額も様々。人によってかなり幅があるようです。

たくさんの企業が化粧水に関してのアンケートを実施していますが、それらの結果を見てみると、ドラッグストアで購入する人の多くが、金額を最も重要視しているということがわかりました。
化粧水の購入価格の平均を見てみると、1,488円になっています。今回ランクインした人気の化粧水のほとんどがその価格を下回っています。

ドラッグストアで購入するメリット

購入方法によって、それぞれメリットやデメリットが存在します。
ここでは、ドラッグストアで購入する際のメリットを見ていきたいと思います。

話しかけられない

ブランドのカウンターなどのように、店員さんに話しかけられることもないですし、ゆっくり選ぶことが出来るので、誰にも邪魔されずにゆっくり選びたいという人には最適です。

比較が出来る

ドラッグストアには、資生堂などの大手メーカーのものから、プチプラのものまでいろんなメーカーの化粧水が置いてありますので、成分や金額など比較しやすいというメリットがあります。

安く手に入れられることがある

セール時などは、大手メーカーのものでも10%割引などで購入できる場合があります。買うものが決まっている人は、直営店で購入するよりも安く手に入れることが出来るので、セールの情報もチェックしてみるといいですよ。

ドラッグストアで購入するデメリット

次はデメリットについてみていきたいと思います。

アドバイスが受けられない

直営店であれば、肌質を見てもらい、自分の肌に合ったものを勧めてくれますし、自分が望むことを伝えれば、それに合ったものを選んでもらえます。
ドラッグストアの場合でも、お店によっては、そのブランドに詳しい店員さんがいるところもありますが、男性の薬剤師さんが化粧品も売っているというお店もあります。そういう場合、専門的なアドバイスは受けられませんし、肌診断のようなこともしてもらえません。相談しながら購入したいという人には向いていないかもしれません。

サンプルが置いてない場合が多い

大手メーカーの商品でも、サンプルは置いていないというお店が多いですよね。
これもまた、直営店であれば、気になる商品のサンプルを貰い使ってみて肌に合えば現品を購入するということが出来ますが、ドラッグストアはそれがなかなか難しいです。お店によってはテスターなどが置いてあるところもあるので、使い心地だけはお試し出来るという場合もあります。

ページのトップへ