本気の化粧水ランキング!│化粧水比較ナビ

化粧水ランキング

人気の化粧水を比較してランキング!

スキンケアの定番「化粧水」をあれやこれやでランキング!人気のある定番から話題のアイテムまで、気になる「化粧水」をさまざまな分野でランキングしていきます。

化粧水は洗顔後に失われた保湿成分を、最初に肌にあたえて次のステップにつなげてくれる大事なスキンケアアイテム。今現在国内ではたくさんの化粧水が販売されていますが、自分の肌にベストマッチする化粧水を見つけるのはひと苦労…。当サイトではそんな数ある化粧水の中から、気になる話題の化粧水をピックアップ!

それぞれの化粧水が持つ特徴を把握して、自分に合った化粧水を探して美肌作りのファーストステップを充実させましょう!

■ 目次 【Table of contents】

目次を表示【OPEN】

ランキングMENU

ランキングをつけるにあたって、何を基準に比較するかによってその順位はまったく別の内容になるのは当然のこと…。当サイトではさまざまな項目をピックアップして化粧水のランキングをしていきます!

肌質・悩み別 化粧水ランキング

肌質・悩み別 化粧水ランキング

人それぞれ肌質や抱えている肌の悩みは異なるもの。それぞれの肌に合わせたスキンケアは、美肌を保つためにも必要不可欠です。ここでは敏感肌などの肌質や、肌トラブルなどの肌に関する悩みに対して、おすすめの人気化粧水をランキングして掲載していきます。自分の肌に合った化粧水を選んで肌の悩みを解消しましょう!

美容目的別 化粧水ランキング

美容目的別 化粧水ランキング

憧れている理想の美肌に近づきたい!!さまざまな目的をもって毎日スキンケアに励んでいる人達のために、おすすめの人気化粧水をピックアップ!それぞれの美容目的を達成するために役立ちそうな化粧水のランキングを作成して掲載していきます。

こだわり別 化粧水ランキング

こだわり別 化粧水ランキング

人には、それぞれ様々なこだわりがあるものです。ここでは色んなこだわりを採り上げて、そのこだわりに対しておすすめの化粧水をランキングしていきます。自分のこだわりを満足させてくれるベストな化粧水探しにお役立てください。

美容成分別 化粧水ランキング

美容成分別 化粧水ランキング

昨今の化粧品業界では、肌に良いとされる様々な美容成分が研究され注目を集めています。ここではそんな注目の美容成分を配合している化粧水を取り上げて独自にランキングしていきます。気なる美容成分を配合した化粧水探しにお役立てください!

化粧水 2016年 秋 総合ランキング BEST5

2016年秋シーズンの総合評価で、イチオシの化粧水をランキングしてみました!

イヴ・サンローラン・ボーテ フォーエバー リブレイター エッセンス ローション

イヴ・サンローラン・ボーテ フォーエバー リブレイター エッセンス ローション
ブランド名イヴ・サンローラン・ボーテ
価格【200ml】8,000円(税抜)

日本人の肌に合わせて開発されたイヴ・サンローランのエイジングケアラインの化粧水。グリカンに着目して開発された独自成分を配合した化粧水が、若々しくハリのある肌へと導きます。口コミサイトでも高い評価を得ています。

SK-Ⅱ フェイシャル トリートメント エッセンス

SK-Ⅱ フェイシャル トリートメント エッセンス
ブランド名SK-Ⅱ
価格【75ml】8,500円
【160ml】17,000円
【230ml】22,000円

多くの人に愛されているSK-Ⅱの化粧水。天然因子と同じ成分を含む天然ピテラが、ハリのある、いつまでも若々しい肌をキープしてくれます。世界中の人に愛されているSK-Ⅱの実力を見せてくれるハズ。

ボタニカルウォーター モイストII リッチ

LOVE YOUR SKIN. YOUR SKIN LOVES YOU. ボタニカルウォーター モイストII リッチ
ブランド名LOVE YOUR SKIN. YOUR SKIN LOVES YOU.
価格【160ml】1,500円(税抜)

見た目のおしゃれさから、SNSでも話題になった化粧水。こんなに可愛いのに価格もお手頃で、ドラッグストアなどでも簡単に手に入るという手軽さもいいですね。保湿力に優れているといわれる「天然ヒト型セラミド」や、浸透型ヒアルロン酸が配合されていて、化粧水としてのスペックもバッチリです。

ネイチャーコンク クリアローション

ネイチャーコンク クリアローション
ブランド名ナリスアップ コスメティックス
価格【110ml】3,500円

この1本で「角質除去」「朝の洗顔代わり」「保湿」「肌荒れ防止」「ひきしめ」「美白」という6つの役割をしてくれる多機能化粧水。ごわついた肌を滑らかにし、いろんなアイテムの美容成分が浸透しやすい肌にしてくれます。化粧水としてはもちろん、洗顔の代用品として、ブースターとしても使えます。顔だけじゃなくひじやかかとにも使えるので、全身ツルツルになれますよ。

エリクシール シュペリエル リフトモイスト ローション

エリクシール シュペリエル リフトモイスト ローション
ブランド名 エリクシール シュペリエル(資生堂)
価格【170ml】3,240円

ツヤ、ハリのある肌へと導いてくれるエリクシール シュペリエルの化粧水。資生堂が発見したコラーゲンGLが、内側から輝くようなハリある肌へと導いてくれます。美しい肌になることで、その自信があなたをますます輝かせてくれそうです。

日も短くなり肌寒さが増してきた今日この頃、最近ずいぶんと季節の変化を感じるようになってきました。2016年秋シーズンでは、この大きな季節の変化を考慮してかガラッとランキングが変化しています。

今回第1位になったのはイヴ・サンローラン・ボーテの「フォーエバー リブレイター エッセンス ローション」です。やっぱりこの季節この化粧水の持つポテンシャルを肌が必要としているのでしょうか♪そして、続く第2位にはSK-Ⅱの「フェイシャル トリートメント エッセンス」がランキングに返り咲きです。

それに後は、LOVE YOUR SKIN. YOUR SKIN LOVES YOU.の「ボタニカルウォーター モイストII リッチ」、ナリスアップ コスメティックスの「ネイチャーコンク クリアローション」、エリクシール シュペリエルの「リフトモイスト ローション」と続きます。

注目は3位にランクインした「ボタニカルウォーター モイストII リッチ」。購入しやすいプチプラ価格ながら、なかなかのこだわりに注目の化粧水です。

※次回、冬シーズンのランキングは、翌年2017年の1月に更新予定です。

化粧水のお試しにはトライアルセットがオススメ

星の数ほどあるのでは…。と思ってしまうぐらい現在たくさんの化粧水が市販されていますが、どんなに優れた化粧水でも自分の肌に合わなければ意味がありません…。そして自分の肌に合うかどうかは使ってみないと正直わからないというのが現実のようです。

そんな時に重宝するのが、各ブランドから提供されているトライアルセット。一定期間試せるのでパウチのサンプルとは違い、じっくりと吟味できるのがうれしいポイントですね。また、化粧水だけでなく、他のラインも試せるものが多いので基礎化粧品を見直すのにももってこいです。低価格で手に入れられるので、お試しには超オススメです。

当サイトでも化粧水の紹介ページで、トライアルセットの情報をできるだけ掲載していこうと思っています。

もっとたくさんのトライアルセットを詳しく知りたい方のために、情報量も多くてわかりやすい私のお気に入りのサイトをひとつ紹介しておきます。
トライアルセット おすすめ化粧品ガイド

化粧水の基礎情報

毎日のスキンケアに使っている基礎化粧品ですが、その種類を一般的に使う順番であげてみると、「クレンジング」「洗顔料」「化粧水」「乳液」「美容液」「クリーム」etc…。さまざまな種類があることに気付きます。このうち「クレンジング」と「洗顔」は、スキンケアをする前の汚れを取り除くステップと考えることができますので、実際にスキンケアを担う最初のステップが化粧水になります。(先行美容液など、その前に使うものもありますが…)

「最初が肝心」という言葉がありますが、洗顔等で綺麗になった素肌に最初に浸透させるのが化粧水です。この後に美容液や乳液を使うにしても、化粧水の成分は肌に残った状態で使用するわけですから、その後のステップにも影響してくる重要なスキンケアアイテムといえるかもしれません。そんな重要なアイテム化粧水について、基本的な事柄を以下にまとめてみした。

化粧水の役割

役割

主に化粧水は洗顔の後に使用するのが一般的であると思いますが、肌の汚れを洗い流すために行う洗顔は本来肌に必要である皮脂も同時に洗い流してしまいます。この皮脂は肌を外部からの刺激から守ったりまたは肌から水分が蒸発していくのを防ぐ役割を持っているために最低限の皮脂は肌にとって必要となります。洗顔によって皮脂が取り除かれてしまうとその分肌が乾燥しやすくなることからそうした不足を補う目的にて化粧水が使われるということになるわけです。

また、皮脂は肌にとって必要であるものの過剰に分泌されてしまうと逆に肌にとって悪影響となってしまうこともあります。そのために化粧水の種類によっては、皮脂の過剰な分泌を抑える働きを持っていたり、毛穴を引き締める効果を得ることができたりする商品も少なくありません。

もちろん自身の肌に合ったものを使用するのがベストですので化粧水選びにも気をつけたいところです。

化粧水の種類

種類

一般的な化粧水は主に肌の保湿を目的として利用されています。ですが、最近では化粧水と一口に言っても様々な美容効果をもつ化粧水など、たくさんの種類の化粧水が提供されています。ここではそんな化粧水の種類についてまとめてみました。

●拭き取り化粧水
拭き取り化粧水とは、保湿を目的としている普通の化粧水と同様に洗顔後に使用するという点では変わらないものの、その働きは全く違う化粧水になります。拭き取り化粧水の主な働きとしては洗顔で洗い流せなかった汚れを、その名前の通りに拭き取る役割を持っています。

拭き取り化粧水で綺麗になった肌に対して、更に別の目的を持つ化粧水を使用することでより肌に対する浸透率を高めることができるのですが、拭き取り化粧水の商品によっては肌への刺激が強い成分が含まれているものもあるために商品選びについてはしっかり行うことをおすすめします。

また、拭き取り化粧水を利用する際に汚れを拭き取るという名目から強くこすったり何度も同じ部分を拭き取ったりしてしまうこともあるかと思いますが、やはり肌にとって悪影響となりますので優しく丁寧に拭き取るようにしましょう。

●収斂(しゅうれん)化粧水
肌の毛穴の開きが気になるという方や、皮脂が多く分泌されてしまうという悩みを持つ方にとっておすすめの化粧水に収斂化粧水と呼ばれるものがあるります。収斂化粧品の役割は肌を引き締めるというものです。肌が引き締まることで、毛穴が開いている状態の場合は毛穴が閉じ、過剰な皮脂の分泌を防ぐことができます。

また、毛穴を閉じる効果として、皮膚の温度を下げるという働きもあります。特に夏の時期は気温が高まることによっても毛穴が開きやすくなってしまい、肌がベタついた状態となることが多くなります。そんな夏の時期に収斂化粧水を利用することで肌をサラサラとした状態に改善し、そうした悩みについて対処することが可能となります。しかし乾燥肌の方の場合は収斂化粧品を使ってしまうことで逆効果となってしまう事もあるので注意が必要です。

●プレ化粧水(ブースター・導入美容液)
プレ化粧水の”プレ”とは、英語表記では”pre”と書き”事前”という意味を持ちます。この化粧水はスキンケアの前に使用することでスキンケアの働きを高めるという効果を持つ化粧水です。プレ化粧水はメーカーごとにてその名称が異なってくることがあり、「ブースター」という名称がついていたり「導入美容液」などと呼ばれていることもあるようですが、基本的には同じ働きを持っている化粧水です。普段行っているスキンケアの効果が体感しにくいという方はプレ化粧水を使ってみることをおすすめします。

●美白化粧水
美白化粧水はその名の通り、肌を白くさせる働きを持つ化粧水のことで、肌の色素沈着、シミやくすみなどを改善させる効果があるとされています。こうした美白化粧水は各メーカーから様々な商品が市販されていますが、美白成分や特徴などを吟味して、自分の目的に合わせた美白化粧水を使用することが大事かもしれません。

●アルカリ性化粧水
肌にとって適した水素イオン濃度指数、いわゆるpHですが、弱酸性が理想といった話をテレビのコマーシャルなどにて耳にした方も多いのではないでしょうか。普段のスキンケアに使用される化粧水もまた、弱酸性の商品かもしくは中性のものが一般的となっています。

しかしそんな中アルカリ性化粧水と呼ばれるその名前の通りにアルカリ性を持つ化粧水があるのをご存知でしょうか。前述した弱酸性や中性の化粧水と比べるとアルカリ性化粧水はかなり少数となっているものの、具体的なその効果について興味がある方も少なくないと思います。

アルカリ性化粧水の特徴として、アルカリ性ということから皮脂を分解し肌をツルツルにさせるという効果があります。しかしこうした皮脂を分解させるという働きから過剰に使用してしまうことによって本来肌に必要な分の皮脂まで落としてしまうために敏感肌や乾燥肌となってしまいます。

またアルカリ性ということでタンパク質を溶かす働きをもっているために長期に使い続けることによって肌を薄くしてしまうデメリットもあることからその使用には注意が必要となる部分もあります。

化粧水の使い方

使い方

化粧水は、ただ肌に塗布すればいいというわけでもないようです。化粧水を正しく使うことができればその分化粧水の持つ働きを十分に発揮させることができより効率的に肌の健康を整えることができることになってきます。

では化粧水をどういった方法にてつければ正しいと言えるのかが気になるところではないでしょうか。まずタイミングについてとなりますが洗顔の直後に行うことになります。これは肌が最も外部に晒されているタイミングであり化粧水をより効率的に肌に浸透させることができます。

次に化粧水をつける量となりますがなるべく多く使えば使うほど良いといった話もあるものの基本的には化粧水ごとに定められている用量で十分となっています。その用量を3回ほどにわけて使用することによって肌に対して浸透させる速度を早めることができるそうです。

また化粧水をつける際にコットンを使うかもしくはそのまま手でつけるという方がいるかと思います。コットンでつける場合は肌に対して刺激を与えてしまうものの無駄なく化粧水を肌につけることができ手でつける場合は手にも化粧水が付着してしまうことで無駄が発生している部分がありますので一長一短と言えるでしょう。

化粧水の主な成分

主な成分

何気に使用している化粧水の成分について気にかけている方は少ないのではないでしょうか。実際にどういう成分によって化粧水は肌の保湿を行っているのか見ていきたいと思います。

肌の保湿を行う、つまり不足しがちな水分を補うと言い換えることもできますがではそのまま水をつければいいのかというとそうでもなくただ水をつけただけでは肌の奥までは浸透せず表面に留まったまま流れ落ちてしまいます。

ですので化粧水には水分を肌へ浸透させるのを補助する役割を持つ成分が含まれておりグリセリンやエタノール、エモリエント剤が代表的なものとなっています。

また美容成分としてお馴染みとなっているコラーゲンが含まれていることが多くありますが、このコラーゲンは元々肌の内部に存在している成分ではあるものの加齢とともに減少していく傾向があり肌の弾力性を保つ働きがあります。

コラーゲンが減少してしまうと肌の弾力性が損なわれシワやたるみといった形で表れることになりますので化粧水にてコラーゲンを補給することでそうした肌トラブルに対処することができるというわけです。

化粧水の一般的な価格は?

一般的な価格

化粧水も他のアイテム同様、各メーカーの商品ごとに配合されている成分が違ったりまたはその価格にも差が出てくる部分があることから、なるべく経済的に負担とならない化粧水をよく使っているという方も多いのではないでしょうか。

高額な化粧水ほどなんとなく肌への効果も高いのではないのかとイメージしがちではあるものの、実際に配合されている成分について目を通してみるとあまり高額である理由がわからない部分もあるかと思います。

現在における化粧水の価格に注目してみると安いものでは100円均一に売られているものからいわゆるブランドの商品となると一万円近くするような化粧水もありかなり幅があることがわかります。

多くの方が使用している化粧水の平均的な価格としては1,000~3,000円の間の商品が最も人気がある層となっているようです。

今ではインターネットの普及によってあらゆるジャンルにおける売れ筋などを参考にすることができ化粧水もまた例外ではありませんのでこうした情報が記載されているサイトを一度チェックして化粧水を選んでみるのもよいでしょう。

化粧水の選び方

選び方

皆さんは普段どういった化粧水をご利用でしょうか。現在では様々な化粧水が各メーカーから製造販売されているために、自身にとって最適な化粧水を選ぶにあたってかなり迷いどころとなってしまう部分もあるかと思います。

そんな化粧水選びについてその方法にはどういった基準があるのか考えてみましょう。まずは自身の肌はどういったタイプの肌であるのか理解する必要があります。例えば、皮脂の分泌が多い肌であったりまたは乾燥しやすいという方も中にはいるのではないでしょうか。

化粧水の商品ごとによってもそうした肌のタイプに応じて保湿成分が含まれていたり、皮脂の過剰な分泌を抑える働きを持っているという化粧水もあります。

多くの場合は保湿目的として化粧水を利用していると思いますが、保湿を重視するのであればヒアルロン酸やコラーゲン、グリセリンやプロピレングリコール、ブチレングリコールといった成分が配合されている化粧水がおすすめです。

また最近では美白のための化粧水といった商品も珍しくありません。肌の色素沈着にお悩みの方の場合はこうした美白成分が配合された化粧水を利用するとよいでしょう。

SITE INFORMATION

化粧品のサイトを見て回ると、星の数ほどあるのではないかと思ってしまう基礎化粧品の数々。その基礎化粧品の中から、日本人のスキンケアを支えている化粧水にスポットをあてたランキングサイトを立ち上げてみました。

ランキングとは通常順番付けをすることですが、ここでは順番付けというよりも、調べてみてこれは是非知って欲しいと思った化粧水をピックアップしていくという感じで掲載しています。今後は、更にアイテム数を増やしていきながら「化粧水を探すならこのサイトが便利」といわれるようなサイトを目指して運営していきますのでお楽しみに!

新着情報

2017/01/13
セラミド化粧水ランキング 掲載
2016/12/20
お米の化粧水ランキング 掲載
2016/10/26
拭き取り化粧水ランキング 掲載
2016/10/15
パケ買いしたくなる化粧水ランキング 掲載
2016/09/29
国内高級(ハイブランド)化粧水ランキング 掲載
2016/09/06
ミスト化粧水ランキング 掲載
2016/08/25
ドラッグストア化粧水ランキング 掲載
2016/08/04
海外ブランド化粧水ランキング 掲載
2016/07/27
ハリ肌化粧水ランキング 掲載
2016/07/06
総合ランキング更新(2016年 夏 総合ランキング BEST5)
2016/07/06
アトピー肌化粧水ランキング 掲載
2016/06/23
シワ対策化粧水ランキング 掲載
2016/05/04
美白化粧水ランキング 掲載
2016/04/12
自然派化粧水ランキング 掲載
2016/04/07
保湿化粧水ランキング 掲載
2016/03/30
敏感肌化粧水ランキング 掲載
2016/03/30
ニキビケア化粧水ランキング 掲載
2016/02/09
毛穴ケア化粧水ランキング 掲載
2016/02/09
多機能化粧水ランキング 掲載
2016/02/09
化粧水コスパランキング 掲載
2016/02/09
サイト開設
  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • Google+でシェア

ページのトップへ